外資系企業で働きたい場合、転職にはどんな道があるのでしょうか。こちらでは、2つの方法をご紹介します。

人脈がモノを言う外資系の転職!

外資系企業に転職する一番確かな方法は、「知り合いの紹介」です。様々な外資系企業で社員からの紹介を奨励しています。社員の知り合いで紹介できる人材であれば、人物的にも能力的にも高いに違いないという理由です。まず、自分が転職を希望する外資系企業に、知り合いが勤めているかチェックしてみてください。

外資系の世界では横のつながりが強く、人材も流動的です。知り合いを頼って転職するケースや、スカウトされるケースも普通です。外資系企業では、転職回数はキャリアアップを重ねた結果とポジティブにみなされます。ビジネス向けSNSのLinkedIn(リンクトイン)などに自分のプロフィールを入れておくことで、横のつながりや交流が生まれることもありますので、転職以外にも前向きな利用をお勧めします。

人脈がないなら転職エージェントへ

知り合いが外資系企業に勤めていない場合に、助けとなるのが転職エージェントです。転職エージェントは、様々な外資系企業で人材発掘の機関として機能しています。

多くの外資系企業は、社員を中途採用するため、転職エージェントのネットワークと専門性を頼りにしています。外資系企業への転職をお考えならば、一度相談してみるとよいでしょう。今すぐに転職をしなくとも、将来のキャリアプランを一緒に考えてくれるパートナーとして、関係を築いてみることも良いのではないでしょうか。